美味しい料理と素敵な音楽と

美味しい料理と素敵な音楽を

手作り料理や好きな音楽をだらだら書いています

イーハトーヴォ物語 オリジナル・サウンドトラック

f:id:icanseeyourhouse:20210104223201j:plain
宮沢賢治の童話の世界をテーマにした、スーパーファミコン用ゲーム「イーハトーヴォ物語」サウンドトラックCDを紹介します。1993年初版、2002年には新たに3曲を追加収録して再販されました。私が所有するものは02年の再販盤です。

セガユーザーだった私が、1993年にスーパーファミコンを購入することになったきっかけの1つは、この「イーハトーヴォ物語」でした。私は宮沢賢治の童話作品、特に「銀河鉄道の夜」の大ファンだからです。プラネタリウム上映作品「銀河鉄道の夜 -Fantasy Railroad in the Stars-」DVDも勿論買いました、部屋を真っ暗にして観ると素敵ですよね😊

本作は見下ろし型のAVGで、古くは1988年発売のPC9801用「オールドヴィレッジ・ストーリー」や、メガドライブふしぎの海のナディア」と同タイプのゲーム。フィールド画面上での登場人物たちとの会話を中心に物語が進行していきます。宮沢賢治の童話の世界が舞台となっている為、アニメ的で派手な演出やグラフィック表現などは一切ありません。プレイヤーの想像力に委ねる表現手法が、世界観を壊すことなく、逆に引き立てることに成功しています。

 


まあ、BGMでも聴きながらどうぞ😁

宮沢賢治の理想郷とされるイーハトーヴの町に、一人の男性(プレイヤー)が訪れる所から物語は始まります。男性は賢治に会う為に羅須地人協会を訪ねますが、そこには賢治ではなくファゼーロ(ポラーノの広場より)がおり、賢治はどこか旅に出たことを告げられます。男性は賢治に会う為に、宮沢賢治の童話の世界を旅するのである。

フィールド見下ろし型ADVの為、一見するとRPGのように自由度が高そうな内容を想像してしまいそうですが、ゲーム自体は一方通行であり、宮沢賢治の童話の世界を順に辿っていくADVらしい作りとなっています。イーハトーヴォ農学校の春、カイロ団長、猫の事務所といった童話の世界がクロスオーバーしており、それぞれの童話の登場人物たちも多く出演。宮沢賢治ファンにはたまらない内容でしょう。

発売時はスト2や餓狼シリーズなど格闘ゲーム全盛時代が到来しており、SFCも同様に格闘ゲームが大量に登場した時代でした。ただでさえ、当時のコンシューマー機のメインユーザー層である小中高の子たちには関心が薄い、宮沢賢治を題材としたゲーム、しかもジャンルは地味なADV。

結局、発売時から大して話題にならず、売り上げもそれほど良くなかったと思われます(当時の売り上げチャートにも登場しなかった)。一時期、宮沢賢治記念館にスーパーファミコン本体と本作が設置され、訪れた人たちが自由に遊べるようになっていたみたいですが、それでも宮沢賢治ファンでも本作の存在を知る人は未だに少ないみたいです。なかなか良く出来た作品ですが、それだけマイナーなのでしょう。

f:id:icanseeyourhouse:20210104223215j:plain
そんなマイナー作品の本作ですが、記憶に残るゲーム音楽などのユーザー投票で必ず名を連ねるほど、そのBGMは秀逸です。本来、ゲームのサントラCDは余程の有名作品(ドラクエやFFなど)でない限り、再販は滅多にされません。

ところが、本作はファンからの再販を望む声が非常に多く、結果、発売から9年後の02年に異例の再販となりました。ピアニスト多和田吏による、宮沢賢治の世界を壊さず優しく包み込むような楽曲の数々は非常に素晴らしく、ゲーム音楽の域を超えた、どこか懐かしく、心に沁みるものばかり。イーハトーヴォと宮沢賢治の世界を音で見事に表現してみせた、そういった言葉がまさにぴったりくる素晴らしい楽曲の数々です。

f:id:icanseeyourhouse:20210105072853j:plain
ゲーム終盤、主人公の男性「私」は「セロ弾きのゴーシュ」「雪渡り」と賢治の人気作の世界を渡り歩く。最終章は勿論、代表作「銀河鉄道の夜」。発車を待つ銀河鉄道の車内には勿論、ジョバンニとカンパネルラもいる。

銀河鉄道が待つ駅で、ついに賢治と対面した主人公。「ある人に会いに行く」という賢治に誘われて、共に銀河鉄道に乗り長い旅を終えます。賢治の言う「ある人」とは、賢治にとって心の支えのような存在だった妹のトシであろうか・・・最後までプレイヤーの想像に委ねる終わり方も、本作の素晴らしい所でしょう。

サントラは今現在、廃盤で入手が難しくなっているみたいですが、見つけたら是非、手に取って欲しい1枚です。本作のサントラをかけながら、宮沢賢治の作品を読み耽るのも乙なものでございます😊