美味しい料理と素敵な音楽と

美味しい料理と素敵な音楽を

手作り料理や好きな音楽をだらだら書いています

WISHBONE ASH - 1971-1972 Bootleg mp3

f:id:yuzulocoanzu:20210323232549j:plain
WISHBONE ASH - L.A. BLUES 1971 (2000GFRR 509)

Live at Whiskey-A-Go-Go, Los Angeles, CA Mar 5, 1971
1. Blind Eye
2. Lady Whiskey
3. Errors Of My Way
4. Phoenix
5. Queen Of Torture
6. Vas Dis
7. L. A. Blues
8. Handy
9. Where Were You Tomorrow?

久しぶりにブートレグ盤を紹介じゃ。英国ツインリード・ギター・バンドの代表格ウィッシュボーン・アッシュの1971年3月5日ロス公演をオーディエンス録音で収録。2000GFRRレーベル、1CDR。

オフィシャル盤やデビュー初期のBBC関係の音源や映像を除き、バンド最初期の音源を収録したブートと思われる。この時点では1stアルバム1枚しかリリースされておらず、セットは1st全曲と2nd「Pilgrimage」に収録される"Where Were You Tomorrow?"及び、Brother Jack Mcduffのカヴァー"Vas Dis"が組み込まれている。

"L. A. Blues"なる曲は、71年2月~3月の北米ツアーでのみ演奏されていた曲らしいが、当時の北米ツアーのセットリストが一切分からない為、詳細不明。アメリカのアッシュ・ファンクラブ代表Dr. Johnが監修した、1993年リリースのレア音源コンピレーション「From The Archives Vol 1」に収録された音源と同一と思われる(71年のライブ音源から収録されたのは"L. A. Blues"の1曲だけ)。

f:id:yuzulocoanzu:20210323232627j:plain
バンドは2nd「Pilgrimage」でブルーズ色が薄れ、3rd「Argus」ではプログレ色が強まるが、この時点ではブルーズ色がかなり濃い演奏である。バンドの最新インタビューで、アンディ・パウエルが、英国ブルーズの第一人者ピーター・グリーンに強く憧れを抱いていたことを話していたが、まさにその影響が色濃く出ているといって良いだろう。

リユニオン崩壊後、バンドのブランドを破壊した、バンドを私物化していると言った批判が多いアンディ・パウエルだが、こういった初期の音源を聴くと、アッシュサウンドの骨格を作り上げたのはアンディであると感じることが出来る。自身がバンドのサウンドを作り上げ守り抜いてきたという自負があるからこそ、批判があろうと己の信念を貫いているのかもしれない。
 

f:id:yuzulocoanzu:20210323232643j:plain
「From The Archives Vol 1」を聴くと分かるのだが、同アルバム収録の音源と比べ、このブートに収録された音源はピッチがやや高い。前半は少し怪しい個所もあるがピッチは良好である。

"Phoenix"が終わった後、録音が一旦中止される。録音再開後の"Queen Of Torture"辺りからピッチが狂い始めてくる。その後も不安定で調整が難しい。ちなみに"Phoenix"は後のライブと比べてスピーディなテンポで演奏されている。音が細いスタジオテイクと比べてハードロックに近い印象だ。

このブートがコンサートを完全収録しているか否か不明だが、収録時間を考えると前座ではなくアッシュがメインのライブだったのだろうか。とにかく初期のコンサートデータの登場が待ち望まれる。

それにしても素晴らしい内容のライブである。ファンならば誰もが感じてきたであろう「アッシュはスタジオよりもライブ」を、この音源を聴いて改めて感じる。ハード、かつ骨太でブルージーなアンディ・パウエルとテッド・ターナーのツインリードは、同時期の他のメジャーバンドたちのライブに勝るとも劣らぬものがある。リッチー・ブラックモアがアンディ・パウエルを高く評価するのも頷ける。

また、スティーヴ・アプトンの暴れっぷりと存在感が素晴らしい。まだ粗削りな演奏も逆にライヴ然としており魅力的だ。内容はオフィシャル「Live Dates」よりも個人的に上だと思う。それでは音源をどうぞ!


L.A. BLUES 1971 mp3

 

 

 

 

f:id:yuzulocoanzu:20210329011557j:plain

 

 

おまけ🙄

 

10年以上前にDimezoneから登場した、アーガス・ツアー最初期の音源を2つ置いておきます。このDL音源を基に、BRAKEDOWNレーベルより「First Argus Tour」(BREAKDOWN-319A/B)が2008年に登場。

どちらの音源も72年のオーディエンス録音としては、なかなかの優良音源だと思う。この時期のアッシュの演奏はどれも素晴らし過ぎて悪いわけが無い。ダウンロードするの怠い、と言う方の為にサッと聴ける状態でプレイヤーを貼り付けておきましょう。それではどうぞ!

 


Schwabingerbrau, Munich mar 26th 1972
1. Time Was
2. Blowin' Free
3. Jailbait
4. The King Will Come
5. The Pilgrim


6. Warrior
7. Throw Down The Sword
8. Phoenix
9. Blind Eye
10. Lady Whiskey
11. Where Were You Tomorrow

 

f:id:yuzulocoanzu:20210329011557j:plain

 


Insel Grun, Germersheim may 22nd 1972

1. Time Was
2. Blowin' Free
3. Jail Bait
4. Lullabye
5. The Pilgrim
6. Warrior
7. Throw Down The Sword
8. The King Will Come
9. Phoenix
10. Where Were You Tomorrow

 

以上です😁