美味しい料理と素敵な音楽と

美味しい料理と素敵な音楽を

手作り料理や好きな音楽をだらだら書いています

Ritchie Blackmore's Rainbow MONSTERS OF ROCK 1980 Bootleg File

最終更新日 2019年8月20日

f:id:icanseeyourhouse:20190804203516j:plain
1978年、レインボーの顔の1人であったロニー・ジェイムズ・ディオが脱退し、新たにグラハム・ボネット、ドン・エイリー、ロジャー・グローヴァーが加わった新生レインボーは、長期に渡るワールドツアーを経て、1980年8月16日にドニントン・パークで開催された第一回モンスターズ・オブ・ロックのメイン・アクトとしてステージに立った。今では伝説として語り継がれるこのステージが、グラハムとコージー・パウエルのレインボー・ラストステージとなった。

モンスターズ・オブ・ロック1980は、ステレオ・オーディエンス音源を使用したキニーのアナログ盤「END OF A RAINBOW」を始め、同じAUD音源を使用した複数のアナログ/CDブートレグが存在(というか、この音源しか存在していないと思われる)。長年に渡りファンに親しまれてきた。だが、待望のオフィシャル盤が登場。ついにブートはその役割を果たし終えたかに思われた。

しかし、オフィシャル盤には大きな欠点が存在している。1つは、2種類の異なるSBD音源を使用してコンサートを再現している為、音質の違いや繋ぎ目に若干の違和感がある。もう1つは"LOVE'S NO FRIEND"と"MAN ON THE SILVERMOUNTAIN"が欠落しており不完全収録となっている。

こういった理由から、AUD音源とはいえ、安定した音質でコンサートを完全収録しているブートレグ盤はまだ十分に存在意義があると思う。何より、あのジェット機の音や"ALL NIGHT LONG"での掛け合いなど、会場にいるような雰囲気を疑似体感できるのはブートレグ盤ならではの魅力と言えるだろう。

オフィシャル盤に大きな欠点が残されている以上、まだまだ十分に価値があると思われるモンスターズ・オブ・ロック1980のブートレグ盤。決定盤を中心に、過去に幾度となく再販されてきたブートCDたちを紹介します🙂

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20190804203540j:plain
MONSTERS OF ROCK 1980 DEFINITIVE EDITION (Darker Than Blue 074/075/076)

Darker Than Blueレーベル、プレス盤2CD+プレス盤1DVD。モンスターズ・オブ・ロック1980の決定盤。POWER GATE「MONSTERS OF ROCK 1980」と同内容。本作はリマスターを施したアッパー盤とのこと。しかし、個人的には違いが全く分からない。

DVDに収録された映像も、VHS時代から存在している、例のテレビ放送されたダイジェスト版を録画した物と同内容。この映像はオフィシャル盤に収録された。

そして、POWER GATE盤と同様に、コージーが英国のテレビ番組に出演した際の映像も収録されている。これらの映像もリマスターを施したアッパー版とのこと。しかし、個人的にはやはり違いが分からない。

POWER GATE盤を所有している人は、わざわざ買い替える必要性はないと私は思います。ダイカン某店得意の再販商法の1つでしょう。僅かな差異にもこだわるマニアの方は、買い替えするのも有りかもしれませんが、そこまでいったら病気かと・・・両方を揃えてしまった私もかなり病気かと。。

新たなソースが出てこない限り、ドニントンのブートは本作かPOWER GATEで決定盤と言うことで良いかと思います。ハッキリ言ってしまえば、どのブートも同じソースを使用している以上、音質に大きな違いはありません。どれも似たり寄ったりです。好みのブートを1つ持っていたら、それでいいと思います。

f:id:icanseeyourhouse:20190804203624j:plain
ジャケット、インレイの裏面。それでは音源をどうぞ!


1. EYES OF THE WORLD
2. LOVE'S NO FRIEND


3. SINCE YOU BEEN GONE
4. STARGAZER
5. MAN ON THE SILVER MOUNTAIN
6. CATCH THE RAINBOW


7. LOST IN HOLLYWOOD
 inc. Cozy Powell Drums Solo


8. ALL NIGHT LONG
9. BLUES
10. WILL YOU STILL LOVE ME TOMMOROW
11. LONG LIVE ROCK'N'ROLL
12. KILL THE KING~LONG LIVE ROCK'N'ROLL

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

ここからは、モンスターズ・オブ・ロック1980や、リハーサルを収録したブートレグCDを紹介していきます。前述した通り全てのCDで同音源が使用されており、音質に違いはありません(但し、下段で紹介するWYVERN LEGENDのブートだけ音質が落ちます)。

f:id:icanseeyourhouse:20190804203705j:plain
MONSTERS OF ROCK 1980 (POWER GATE-209)

POWER GATEレーベル、プレス盤2CD+プレス盤1DVD。上段で紹介したDarker Than Blueレーベル「DEFINITIVE EDITION」の基になったCD+DVD。DEFINITIVE...と大きな違いは感じられません。高級オーディオセットで聴いていると多少の差を感じるのでしょうか。このブートを持っているならDEFINITIVE...を買わなくても良いと思います。

f:id:icanseeyourhouse:20190804203728j:plain
ジャケット、インレイの裏面。

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20190804203745j:plain
MONSTERS OF ROCK 1980 END OF A RAINBOW (INRA-2001)

INITIATIVEレーベル、プレス盤2CD。私が初めて購入したドニントンのブートは本作でした。アナログブートからCDに移行して以降も、多くのモンスターズ・オブ・ロックのブートレグに付けられてきた伝統的タイトル「END OF A RAINBOW」の名を冠した1枚。アナログ盤起こしではなくテープからCD化したようで、途切れる箇所などもありません。本作も悪くないブートだと思います。

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20190804203815j:plain
ON TOUR 1980 END OF A RAINBOW (R8081)

キニー製ブートレグ。プレス盤2CD。特徴あるフォントで印字されたインレイなど、マニアなら一目でわかる作りをしている。

「END OF A RAINBOW」を初めてアナログでリリースしたのが確かキニーだったと思います。原点となったメーカーが直々に出したCDだけに、アナログ盤から落としたのではなくテープからCD化されているはずです。違っていたらすいません。

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20190804203842j:plain
ON TOUR 1980 END OF A RAINBOW (OMR-80816)

OMR(Original Master Recording)レーベル2CDR。キニー製ブート「ON TOUR」シリーズ全作をリマスターして、統一パッケージデザインで再販された内の1つ。2000年前後に登場したブート。過剰にリマスターしているのか、若干シャキッとし過ぎた音になっています。これは同レーベルの他のブートにも言える欠点です。

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20200313011239j:plain
END OF A RAINBOW (WLG-8880-1/2)

WYVERN LEGENDレーベル、プレス盤2CD。97年にリリースされた豪華スリップケース付きEND OF A...だが、こちらはオススメしません。オフィシャルのオムニバスLP「MONSTERS OF ROCK」からのサウンドボード音源、VHSビデオの音を落としたLINE音源、オーディエンス音源の3種類の音源を結合させて1つにしたという意欲作。

モンスターズ...の決定版が遂に登場!と、ブートショップでも大々的に宣伝され、9800円と高額にも関わらず、予約受付の段階で完売状態となったほどファンの期待が大きかったブートだったのですが・・・。

各音源のピッチや音質に差がある為、繋ぎ目に大きな違和感が生じてしまっております。また、音源を何度も編集して繋ぎ合わせた為でしょう、音質が劣化しております。試みは面白いのですが、結果的にライブアルバムとして致命的な問題を抱えた作品となってしまいました。

せっかくなので一部を聴いてみて下さい。私が編集したのではなくWYVERN LEGENDの編集です。


1. ALL NIGHT LONG
2. BLUES
3. WILL YOU STILL LOVE ME TOMORROW
4. LONG LIVE ROCK'N'ROLL
5. KILL THE KING

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20190804203915j:plain
MONSTERS OF ROCK REHEARSALS (POWER GATE-224)

POWER GATEレーベル2CDR。MONSTERS OF ROCK前日となる1980年8月15日のリハーサルをオーディエンス録音で収録。音質は並。

過去にCRYSTAL SOUNDレーベルから「MONSTER CASTLE」(プレス1CD)というタイトルで同じリハーサル音源がリリースされていた他、上で少し触れたWYVERN LEGENDレーベル「END OF A RAINBOW」にも同じ音源が一部収録されている。本作は既発のアッパー版で、CD2枚に渡る長時間収録となっている。

リハーサルの為、緊張感のない空気の中で淡々と演奏が続いていく。途中で突然、演奏を止めたり、グラハムは歌ったり歌わなかったりしている。これを延々と聴き続けるのはファンでも辛いものがあると思います。本番では披露されていない"WEISS HEIM"を演奏しているのが聴き所、と言うくらいでしょうか。

f:id:icanseeyourhouse:20190804203947j:plain
ジャケット、インレイの裏面。

以上でモンスターズ・オブ・ロック1980のブートレッグ特集は終わりです。この日を最後にコージ・パウエルが脱退、約1か月後にはマイケル・シェンカー・グループのメンバーとして早くもツアーをスタートさせています。当初は脱退する予定ではなかったグラハム・ボネットもバンドを去ることになり、このラインアップのレインボーは1年で崩壊となってしまいました。

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20201116013140j:plain

 

・・・おまけ🙄

 

 

f:id:icanseeyourhouse:20200502205028j:plain
LIVE AT DONINGTON 1980 (EAGDV056)

2016年ついに登場したオフィシャルのアレの輸入盤・・・"LOVE'S NO FRIEND"と"MAN ON THE SILVERMOUNTAIN"が欠落しておりガッカリしたけど、それでもドニントン公演がSBDで聴けるのは、やはり有難いものでございます。

f:id:icanseeyourhouse:20200502205526j:plain
f:id:icanseeyourhouse:20200502205539j:plain
もっと早く出してくれていたら・・・しかしながら、このメンバーの凄さを改めて感じることができる音源の登場は有り難い限り。虹ファン必携必聴。


pt. 1


pt. 2


今度こそおわり😅